スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡独。

先日、メイクさんが作品の撮影するというので
スタジオにお邪魔しました。

P1060310.jpg

これ、シャネルでございますよ!


P1060309.jpg

いつも、撮る側のN村さん、載せちゃいました(^^)


P1060313.jpg

カタツムリ~。
リアル。。。。



さて、話はさかのぼること半年前、、、、。

N村さんに
「来年、ドイツで個展しようと思ってるねんけど、手伝いがてら一緒にどお?」

留学や、ワーホリに強い興味があり来年は必ず、ヨーロッパいくねん!!
っと思っていた時期に、こんな突然なお話しが舞い込んできた。

物事は何事もタイミングと運だとおもう。
この期をのがすと、海外に行けるのはいつになるか分からない・・・。
分からないが、行かなかったら確実に後悔する。
後悔して、その後悔をずっと抱えて生きて行くことになる。
常に、そのモヤモヤを抱えているのはしんどい。
なにか突拍子もないことを、やりだしたり・言い出すのは
いつも、「何かに後悔した」ことに対する自分なりの解決の方法だったりする。

4年前の夏、舞台に立ったのも。

入社時の課題を作るため、田んぼに飛び込んだのも。

もっと言うなら、デザイナーになったのも。


・・・・わたしの行動の原動力。
そして今回のドイツ行きも少なからず
「何かに後悔」し、それがバネになっているかもしれない・・・。


――話をもどそう。

わたしはその場で「行きます!」っと二つ返事。

会社のことや、今の生活等は何も考えていなかった。
いや、正確には物事の結果というものは
後々、どうにでもなるだろう!むしろ、どーにかする。っという考えだ。

長い人生の中で、海外で異文化を知ることは
自分のデザイナーとして、人としての成長の為には
かけがえの無い物になると確信している。
だから、今の会社を辞めることになっても
自分の生涯で・・・何がしたいのか、何になりたいのかっという目標さえ
失わな無ければ、そこに行き着く為の方法はいくらでも作りだせる。
さて、辞めるとなると、半年前には会社に言っておかなければならない。
・・・っとなると、年末に言わなければ。

N村さんに返事をしてから、自分の今後について考え直した。
いくのを辞めようかと一瞬迷う時期もあった。
相談した多くの人に今の仕事を辞めることに対して「もったいなーい!」っと言われた。
・・・確かに、自分でもそれは重々承知している。。。
「けど!・・・・けど!なのだ!!」っと自分に何度も言い聞かせた。。。

さらにそんな決意を揺るがす出来事が。
11月からタイポグラフィーの講義を受けてみて、改めて今のADの凄さを実感した。
今のADから、まだまだ学びたいし、盗みたい!
そう、強く更に思うようになった・・・。

そうなると、もう
海外に行くのを辞めようかと・・・
しかし、気持ちがここでゆるいでは、
今まで散々考えたこと
決断したこと
自分の思いに対して
周りに対して

すべてウソになる気がした。

「行くと言ったからには、行く。」


でも、今のADから、まだまだ学びたいし、盗みたい!という気持ちも真実であり目標だ。



「辞める」覚悟はすでにあったが、もし学べるならまだ学びたい!
だったら、当たって砕けてみよう。



年末・・・・・・・・
上司に海外に行きたい有無を伝えた。

すると、思いがけず
「行きたいって言うから3年ぐらいかと思ったら3ヵ月やったら行ってきたら。」っと・・・・

!!!

なんですとー!?!?!?!?!?!?!?


そう、そうなのです。
散々いろいろと書いたけど期間は3ヵ月。
半年前から切り詰めた貯金で行けるのと、
ビザの発行してもらえる期間を考慮しての3ヵ月。


に、してもだ、
なんて、いい会社なんだ!!!!涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙

もう、これは更に会社に恩返しをする為にも
もっと、もっと頑張らねば!バカヤロー!こんちくしょー!である。

失礼。
取り乱してしまった。



そんなこんなで、3ヵ月ではあるがドイツへ今年の6月頃いってきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。