スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計。

夢を見た。





アンティークショップで
大小さまざまな形や色、素材で作られた時計が、突き当たりが見えないほど高い天井から
吊り下げてられていて、
振り子のようにゆっくり、無重力を感じさせるかのように揺れていた。


時折、それらの時計がぶつかり
ガラスのぶつかり合うようなシャ~ンとかカラ~ンというような
繊細な音が辺りを包み込む。



あぁ、なんて綺麗な音だろう。

私はすっかり、その空間のトリコになっていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。