スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kunsthaus TACHELES

P1070418.jpg

どうも、こんばんわ。
クレジットカードのキャッシングの上限がきて使えなくなって焦ってるみさ子です。
限度額引き上げには送られて来た書類を記入して諸々本人確認の書類や
源泉徴収やら必要なのでベルリンからの遠隔操作では無理そうです。
しかし、備えあれば憂いなし。
こんなときのために何なりと対応はできるようにはして来たので何とかなりました。
旅にトラブルはつきものですから。


しばらくブログ更新していない間にも日々めまぐるしく過ぎてます。
先月『TACHELES(タヘレス)』を見てきました。

『TACHELES』とは
壁崩壊後の1990年2月、2度の大戦を挟んで廃墟と化していた
1909年オープンのデパートを東西のアーティスト100人が無法占拠、
アトリエとして利用し始めたのがこのカルチャーコンプレックス・タヘレスの始まりだそうです。
現在は世界各国から若手芸術家が集い製作・発表活動を行う場所となってます。
内部にはアトリエの他、作品を販売する店舗、バー、映画館なども入居していました。


P1070424.jpg

P1070439.jpg

P1070435.jpg

P1070428.jpg

P1070427.jpg

P1070426.jpg

P1070425.jpg

壁中に絵が描かれていて中にはいくつも部屋があり
いろんなアーティストの方が活動をしていました。
ほんと廃墟のようでした・・・また、においも独特・・・。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。